投资
トップペ-ジヘ / 投资 / 优遇政策
一、 中国统一优遇政策
    ソフトウェア産业と集积回路産业の発展促进に関する若干政策
(一)2010年末までは17%の付加価値税から14%が返还する政策を実行する。返还した部分は企业がソフトウェア制品の研究开発と拡大再生産に使用し、企业所得税の徴収范囲に属しない。
(二)中国で新しく立ち上げたソフト生産企业が认定されて、収益のある年から、1年目と2年目に企业所得税の徴収を免除し、3年目から5年目までは企业所得税を半分减らして徴収する。
(三)ソフト企业が国が计画的に配置した重点ソフト生産企业に属するものは、その年に免税优遇を享受しなかった场合、10%减の税率で企业所得税を纳税することができます。
(四)ソフトウェア生産企业の社员赁金と养成费用を天引きしてから税额を计算する。
(五)企业・国家机関がソフトウェアを购入した场合、そのコストが固定资産の标准に达して、或は无形财産を构成したら、固定资産、或は无形财産として计算できる。税务机関の许可を得た场合、减価偿却の年限を短缩することができる。最低年限は2年である。
(六)集积回路(IC)设计企业はソフトウェア企业と同じ徴税政策を适用する。
(七)税务机関の许可を得た场合、IC生産企业の生産设备は减価偿却の年限を短缩することができる。最低年限は3年である。
(八)投资额が80 亿人民元を超えるもの或いは0.25μ以下のICを生産する企业は、15%の税率によって企业所得税を徴収する。15年以上运営している企业は、収益のある年から、1年目から5年目まで企业所得税の徴収を免除し、6年目から10年目までは企业所得税を半分减らして徴収する。
(九)0.8μ以下のICを生産する企业は认定されて、収益のある年から、1年目と2年目に企业所得税の徴収を免除し、3年目から5年目までは企业所得税を半分减らして徴収する。
    収益のある年から、所得税を「二免三减半」するという优遇政策を享受する企业は除く。
(十)2008年1月1日から2010年末まで、集积回路生産企业、组み立て企业は、利益を直接当企业に再投资、登録资本を増加、或いは资本投资としてほかの集积回路生産企业、组み立て企业を设立し、経営期が5年以上の场合、この再投资部分の既に纳めた税金の40%を返还する。再投资が5年未満、撤退した场合、还付税金を返还しなければならない。
    外国投资者が外资企业から得た利益に関する优遇政策
    外资企业は2008年度以前の累计未処分利益を、2008年外国投资者に配当する场合、企业所得税の徴収を免除する。2008年度以後の利益を外国投资者に配当する场合、法律に基づいて企业所得税を徴収する。
二、地方财政の支援
    市政府はプロジェクトの类型、技术の先进度、移住地域、土地面积、投资金额に基づいて、会社设立最初数年で、财政支援を与える。
地価补助金
    各経済开発区と郷镇工业パークで、プロジェクトの类型によって、土地の譲渡価格に特恵を与える。