観光
トップペ-ジヘ / 観光 / 特産物

平湖スイカ 800年の栽培歴史を持つ平湖スイカは、糖度が高く、水分が多く、肉质が细かく、皮が薄いという特徴があるので、「江南第一スイカ」と褒め称えられ、世界でも评判が高い。香港、マカオ、东南アジアへ输出する。平湖スイカは絶えず品种を开発し、20世纪初导入した「马铃瓜」か、解放初期の「解放瓜」か、20世纪60年代の「中育」シリーズスイカか、近年の「平优一号」か、いずれも省レベルのスイカ大赏の一位を収めた。
    スイカにきれいな図絵を刻み、中身をくりぬいて削り蝋烛やランプを入れた「スイカの灯篭」は、平湖市の特産物である。1985年7月、平湖は第一回スイカ灯篭祭りを催した。1991年から、毎年盛大なスイカ灯篭フェスティバルを开催する。CCTV、上海、浙江と日本のメディアで报道された。


平湖糟蛋(酒粕渍け卵) 中国には、皮蛋、咸蛋など、生のアヒルの卵を使った加工食品が多く作られているが、糟蛋もそのひとつである。ただし、産地は浙江省平湖市に限られている、地方独特の食品である。卵殻は渍け込まれている间にカルシウム分が溶け出して、白身などに入り込むため、カルシウム分が数倍に増える。タンパク质の一部は分解されてアミノ酸に変わりうま味が増すほか、アルコールの风味も加わってとろっとした深みのある味は、他になかなかない独特のものである。糟蛋は清の雍正年间に考案されたとされ、270年余りの歴史を持っている。独特の风味を安定して出すには熟练の技が必要で、他の地域ではなかなか作れないようである。イギリスロンドン博覧会、南京品物会で展示され、国内外の好评を博し、パナマ博覧会で表彰メダルをもらった。解放後、部レベルの优良品质赏と第一回中国食品博覧会金メダルをもらった。日本の田中角栄元首相も平湖糟蛋が好きだという。现在、平湖糟蛋は香港、マカオ、及び东南アジア各国にも输出されている。


はちみつ制品 平湖はローヤル・ゼリー多収获のミツバチの発祥地で、现在、高品质・多収获のミツバチの群れが10,000箱近くある。1998年、平湖は油菜花ブランドをつくり、100%新鲜ローヤル・ゼリーを発売した。科学的生産プロセスや品质コントロールシステムを利用し、また最新の鲜度保持技术を导入して、はちみつを采取してから零下18℃で保存する。それゆえ、鲜度を十分に保证する。100%新鲜ローヤル・ゼリー「油菜花」が発売されて以来、优れた品质で消费者に「信頼できる商品」と评価された。また、1998年度嘉兴市优良农産物展示会で良质制品と、1999年度浙江省优良农産物展示会で省良质制品と、2001年度嘉兴市农産物博覧会で名ブランド制品と选出された、。中国浙江省国际农业博覧会で优良农産物の银メダルをもらった。
    と同时に、平湖は优良ミツバチを养殖している。1989年から优良ミツバチを浙江省20ヶ养蜂重点県(市)で推し进めてから、全国まで広がった。今まで全国30ヶ省(市)、1000以上の県(市)へ2万匹の女王バチを供给した。中国农业科学院ミツバチ研究所、吉林、江西养蜂研究所、浙江、山东、福建などの农业大学は何度も优良品种を导入・研究していた。2回もアメリカへ输出された。平湖优良ミツバチの普及によって、中国のローヤル・ゼリー生産量は1987年の500トンから现在の2500トンまでのび、経済利益11亿元を増やした。